スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグアスの滝:ブラジルの世界遺産

世界遺産は、世界中に本当にたくさんあります。皆さんは、世界遺産とはどんなものであるか知っていますか。ここで簡単に世界遺産について説明します。
世界遺産(せかいいさん)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指します。

ここでは、南米のイグアスの滝について紹介します。
世界遺産「イグアスの滝」は、「自然遺産」の分類ですが、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンの三国の国境をまたぐ巨大な滝ということで、そのため同じ「イグアスの滝」でも申請の時期が異なり、アルゼンチン共和国は1984年、ブラジル連邦共和国が1986年となっています。
「イグアス」というのは先住民グアラニー族の言葉で「巨大な川」という意味を持ち、地響きのような迫力ある音から「悪魔ののど笛」とも呼ばれています。「イグアスの滝」は1つの滝ではなく、イグアス川の大小300もある滝の総称なのです。最大落差80メートル、滝幅4kmでブラジル・アルゼンチンをまたいでいます。
どちらかでも滝を見ることができます。北米の「ナイアガラの滝」、アフリカの「ヴィクトリア滝」と並ぶ世界三大瀑布の1つです。アメリカのルーズベルト大統領が夫妻で訪れた時、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうな私のナイアガラよ」と言った話は有名です。
地元の人々に語り継がれる「滝にかかる虹」の伝説では、シャーマンが「世にも不思議なことを起こす」という神のお告げを聞いた後、月の光が作り出す神秘的な虹が滝にかかったと言います。
水量が増すのは8月から12月です。水量が多いほうが、滝の迫力が増しますし、虹を多く見られるこのシーズンが観光のベストシーズンといってよいでしょう。
このように、イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンにまたがった壮大な自然遺産です。機会があれば、滝にかかる虹を見てみたいものです。

スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 ブラジル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。