スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行保険には必ず加入しましょう

海外旅行保険は、海外旅行に行くならば必ず加入することをお勧めします。
その重要な海外旅行保険について説明いたします。
遠く離れた異国の地へ出かけると不安な要素も多く、海外旅行先では日本での常識が通用しないことがあります。
日本ではまず考えられませんが、飛行機に積んだはずのスーツケースが出てこなかったり、思いもよらないことで違反金を請求されたりなど、思っても見ないトラブルに見舞われるケースもあります。また、突然の病気やケガなどは誰にでも起こりうることです。
国によっては救急車を呼んだだけで大金がかかったり、虫垂炎の手術で数十万、数百万の費用がかかったという話しもあります。
万が一のこのようなトラブルが発生した場合に備えて海外旅行へ行く際には必ず海外旅行保険をかけましょう。

海外旅行保険の加入タイプを大きく分けると、旅行中に発生すると予想されるアクシデントやトラブルに対しての補償が組み合わされている「セット型」保険と、旅行者のニーズに合わせ、各種保険の中から予算に合わせて補償内容を選択できる通常「バラ掛け型」と呼ばれるものなどがあります。
行き先や旅行期間、ニーズに合わせてお得で、補償内容が充実したサポートサービスを選部と安心です。また、外国語がしゃべれない方は出国先でも日本語で対応が可能な会社を選ぶと安心です。
海外旅行保険を使うことになることとしては、傷害(死亡)・傷害(死亡特別) ・傷害(後遺障害)・傷害(治療費用)・疾病治療費用・救援者費用 ・治療・救援費用・疾病死亡・賠償責任・携行品損害・入院一時金・航空機寄託手荷物・航空機遅延など考えられます。海外旅行保険に加入するだけでなく、出国先の状況を把握して、かかる可能性のある病などあれば予防接種を受けるなどの予防していくことも必要です。
繰り替えしますが、海外旅行に行くときには海外旅行保険には必ず加入しましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

海外旅行準備リストの作為性

海外旅行に行くときにはリストを作成すると便利です。
海外旅行準備リストについて説明します。

海外を旅行するときに準備するべき持ち物・あると便利な荷物・必需品をリストアップしてみました。
・パスポート(唯一の身分証明書)
・ビザ(国によって免除されることもあります)
・イエローカード(特定の国に行くなら必需品)
・米ドルキャッシュ( 緊急用に)
・トラベラーズチェック(再発行可能だから安心です)
・クレジットカード (1枚あれば安心・便利)
・海外旅行傷害保険(必ず加入しましょう)
・緊急連絡先リスト(あらゆる災難を想定して)
・旅行パック(軽くて丈夫なものを用意)
・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん)
・時計・目覚まし時計(時間の確認のために)
・ガイドブック・世界地図(現地を効率よく回るための情報です)
・英和辞書(語学堪能でない人には必需品)
・ペンとメモ(ちょっとした覚え書きに)
・ 南京錠&ダイヤル錠(防犯に)
・ アーミーナイフ (あると以外に便利)
・ ゴム(隠れた必需品。日本製がいちばん)
・ くつ下・下着・Tシャツ(各3-4枚くらい)
・ ズボン・スカート(1-2枚)
・ ウインドブレーカー(1枚あると便利)・フリース(1枚あると便利)
・ くつ(履きなれたものを)
・ 眼鏡・コンタクトレンズ(目がわるい人は必需品。予備も)
・ トイレットペーパー (1ロール)
・タオル(2枚くらい)
・ 歯ブラシと歯みがき(生活必需品。現地調達可)
・ せっけん(生活必需品。現地調達可)・シャンプー&リンス(生活必需品。現地調達可)
・ 洗たく洗剤&ロープ(手洗いを前提に)
・ シェーバー・かみそり
・クスリ(必需品 痛み止めや胃腸薬など常備薬)。
などがリストアップされます。これらのものは、必ず必要なものとあれば便利なものです。行き先や滞在日数などのよって変化しますが、これらを参考にして持ち物を準備されると良いでしょう。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

初めての海外旅行に準備するもの

海外旅行に何度も行ったことがある人にとっては当然なことですが、初めて海外旅行に行く人は何を準備しなくてはならないのかわかりません。

ここでは、初めての海外旅行で準備すべ物について説明します。
まずなんといってもパスポートです。パスポートがなければ海外へは行くことができません。
次に航空券(e-チケット)。これがなければ飛行機に乗れません。
クレジットカード は個人旅行の場合、必ず必要です。
意外と忘れがちですが、日本円。帰国後の移動費などのためにも必要です。
海外旅行中に何が起きるか分かりません。海外旅行傷害保険には必ず加入しましょう。
この他、スーツケース・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん) ・痛み止めや胃腸薬など常備薬 ・衣類・寝巻き・下着・上着・カーディガン・ジャケット(夏でも1枚は長袖を持って行きましょう。)・ガイドブック・印刷資料(現地を効率よく回るための情報です)・携帯電話(今では携帯を海外で使うことができます。) ・折り畳み傘 雨具・近眼の方はメガネも必需品です。・帽子なども準備しましょう。
それから、国際運転免許書 (レンタカー使用される場合は忘れずに準備しましょう。) ・ 国際学生証ISIC (学生証を提示すると安くなる場合が多々あります。)も準備しましょう。
だいたい、これらの物を準備すれば海外旅行に安心していけます。

あれば便利なグッズとして、機内安眠用グッズ (安眠グッズを持っていると楽です) ・いびき対策品 (周りへの配慮に不安な人は準備します。)などがあります。

必要のないグッズとしては、・ドライヤー(ホテルにはドライヤーがあります。) ・バスタオル(ホテル、B&Bにも用意してあります。。) ・日本食 (自炊する場合のお米もスーパーで売ってます。)

これらのものを準備しておけば、初めての海外旅行でも安心して、快適に楽しむことができるでしょう。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

国際運転免許証の取得の仕方

海外に旅行に行って現地で自動車を運転する場合に必要なのが国際運転免許証です。
国際運転免許証の取得方法についてここで説明します。
日本の運転免許証は、基本的に日本国内でのみしか自動車を運転することができません。したがって、海外で自動車を運転するためには、国際免許証を取得する必要があります。
国際免許証は海外で通用する免許証のことです。これを取得することによって、海外で自動車等を運転することが出来又、レンタカーも借りることが出来ます。
国際免許証はパスポート同様強力なID(身分証明)になります。また、比較的簡単に取得することができますので、運転する予定の無い方も取得することをお勧めします。
国外運転免許証(国際免許証)の申請は、居住地の運転免許試験場又は警察署で行います。申請に必要な書類は、
1.外国運転免許証交付申請書申請(窓口にて入手) 
2.運転免許証 
3.写真1枚(縦5cm×横4cm)(※写真は無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)
4.パスポート等、渡航を証明するもの 
5.古い国外運転免許証を持っている方は、その国外運転免許証 
6.印鑑(認印可) 
7.申請料 2650円。
外国運転免許証交付申請書記入後、申請料領収印紙2,700円分購入し申請表紙に張り付け、上記の書類と共に国際運転免許証交付申請窓口にて申請します。
国運転免許の有効期限は発給から1年間です。有効期限の切れた国際免許証は、最寄の警察署に返納してください。
運転免許試験場で申請する場合約40分から1時間で交付されます。
これで、海外で自動車を運転することができます。交通安全に気おつけて海外での自動車の運転を楽しんでください。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 国際免許証

パスポートの変更申請について

パスポートをお持ちの方で住所が変わったり、姓が変更になったりした場合変更申請の必要がある場合もあります。変更申請についてここで簡単に説明をします。

パスポート変更申請が必要なケースは次のような場合です。
1.婚姻や養子縁組等により、戸籍上の姓を変更した場合  
2.家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の姓又は名を変更した場合 
3.国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合
4.本籍の都道府県名が変わった場合です。

次の場合は訂正手続の対象になりませんので留意してください。
(1)同じ都道府県内で転籍した場合(パスポートの記載に変更がないため。)
(2)住所を変更した場合(住所はパスポートの記載事項でないため。)

次に変更・訂正方法は2通りあります。
1.パスポートを新しく作りなおす方法
2.現在お持ちのパスポートの記載事項を訂正する方法です。

訂正するために必要な書類は、
1.一般旅券訂正申請書…1通(申請書は旅券課窓口にあります。)
2.戸籍抄本または戸籍謄本…1通
3.現住所が確認できるもの…1点
4.現在お持ちのパスポート 
5.その他 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合には、綴りの確認のため、配偶者のパスポート又は外国政府発行の婚姻証明書等が必要になります。

バスポートの変更手数料は900円です。婚姻届を出してから戸籍が訂正されるまでは約2週間程度かかってしまいます。婚姻届を結婚式の前後に提出して、すぐに新婚旅行に行かれる場合は、旧姓のパスポートでも問題ありません。
パスポートの変更申請は、それほど難しいものではありません。ここに書いてあることを参考に、変更申請をしましょう。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 パスポート 変更

パスポートの更新手続き

パスポートをすでにお持ちの方に対して説明します。
パスポート更新手続きについて説明します。
現在お持ちのパスポートの有効期間が残り少なくなると、事前に手続きすることによって、パスポート更新が簡単にできます。
パイポートをすでにお持ちの方は、パスポートの残りの有効期間が1年未満になると更新手続きが可能です。指定の必要書類を用意して申請窓口に提出します。(パスポート更新は、正式には切替発給といいます。)
日本国内で行なう、手続きについて説明します。
①まず、指定された必要書類を用意します。1.一般旅券発給申請書 1通 2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通(ただし、パスポートの記載事項に変更があるときや、 サインを漢字で登録したいときは必要です。)3.住民票の写し 1通 4.身分証明書 1通(パスポートの有効期間が切れていても、6カ月以内であれば、そのパスポートがあればよく、他の身分証明書は不要。)5.写真 1枚 6.官製ハガキ 1枚 7.印鑑8.所有しているパスポート 
②必要書類が用意できたら次に、前回パスポートを取得したときから、住所が変わっていない方は前回パスポートを申請した窓口へ、書類を提出します。前回パスポートを取得したときから、住所が変わった方は住民登録をしている都道府県の申請窓口へ、書類を提出します。
更新された新しいパスポートができると、ハガキで連絡がありますので、窓口に出向いてパスポートを受け取ります。
パスポートの更新手続きと受け取りの窓口に関しては、先にパスポートの申請と取得方法の中で説明されていますので、ここでは省略します。このように、意外と簡単にパスポートの更新手続きはできます。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 パスポート 更新

パスポートの取得と申請方法

海外旅行に行くためには、国内旅行と違って旅行前に準備をしなければなりません。
海外旅行のためのの準備についてこれから紹介します。

まず初めに、海外旅行には必需品のパスポートの取得と申請方法について説明します。
・パスポートの申請費用は10年旅券、16,000円。5年旅券、11,000円の申請費用がかかります(12歳未満の料金形態は異なります)。

・パスポート取得に必要な書類としては、
  1. 一般旅券発給申請書 1通  申請書は、各パスポート申し込み窓口、旅行会社で   入手できます。 
  2. 戸籍謄(抄)本 1通
  3. 住民票 1通(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、原   則不要。)
  4. 写真 1枚
  5. 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚 未使用のもの。
  6.申請者本人に間違いないことを確認できる書類 (有効な書類の原本に限ります)
・ 申請場所。パスポートの申請は、住民票を登録している都道府県の旅券課で行います。申請窓口は県庁の本庁内に設置されている場合が多いですが、ほとんどの都道府県でそれ以外にも申請窓口を設けています。最近は比較的便利な場所に窓口が設けられている場合が多いので、都道府県庁や旅行代理店などで核にされるとよいと思います。

・申請受付時間は一般的に9時~16時30分です。受けとれる時間帯も同様です。一般的に土・日曜日・祝日・年末年始は申請受付と受け取りは休みになっています。しかし、地域によっては土曜・日曜日祝日なども窓口が開いているところもあり、また、取扱時間も午後7時くらいまで可能なところもあります。混む時間帯は、休みあけの月曜日、時間帯では、昼間から夕方にかけて混み合います。特にお盆時期と夏休み時期はかなり混雑するのでこの時期に申請する人は、比較的空いている午前中に行くといいでしょう。

パスポートは申請から1週間から10日間くらいで発行されますので、時間の余裕を見た申請してください。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 パスポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。