FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルハンブラ宮殿:スペインの世界遺産

アルハンブラ宮殿は、スペイン世界遺産を代表するスペイン・グラナダ市南東に連なる丘の上にそびえる壮麗な宮殿都市です。
アルハンブラ宮殿は、イベリア半島での最後のムスリム政権・ナスル朝時代に建設された壮麗な宮殿である世界遺産です。アンダルシア地方に位置するグラナダは、シエラネバダ山脈の麓にあり、800年もの間、栄華を誇ったイスラム教国の異国情緒あふれる文化が今も色濃く残る町です。アルハンブラとは、アラビア語の「アル・ハムラー(赤いもの)」から来る言葉で、「赤い城」という意味です。この名称の由来については、城塞周辺の土地の土壌が赤いため、あるいは建築に使われた煉瓦の色であるとか、宮殿が赤い漆喰で覆われていたからなど色々と言われている。スペイン語表記ではAlhambraと綴り、「アランブラ」と発音する。ただし、アンダルシア方言では「アルハンブラ」とも発音する。

スペイン世界遺産アルハンブラ宮殿には、王宮、カルロス5世宮殿、アルカサバ(城塞)、ヘネラリーフェ離宮などの見所がります。
1984年「グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区」が世界文化遺産に登録されました。
王宮は、宮殿北側に位置し、宮殿の質素な外観と比べて、王宮の内部は、「閉ざされた楽園」と呼ばれていたように、水と光と木々ときらびやかな装飾に満たされ、豪華そのものです。各部屋がパティオ(中庭)を取り囲んでいて、 「ライオンのパティオ」は宮殿の中で最も有名な中庭で、124本の大理石の細い列柱が立ちならぶ回廊に囲まれています。中庭には12頭のライオンが水盤を支えています。威厳も恐ろしさも感じられない、今はすっかり老いてしまった愛くるしいライオンです。 「ライオンのパティオ」は、王の寵愛を受けていた女性たちのハーレムでした。
アルハンブラ宮殿は現在スペイン屈指の世界遺産であり世界中からの観光客が訪れる名所となっているが、これが元はスペインに屈服させられたイスラム教徒の 宮殿であるということは象徴的な意味を持っている。 即ち、現在のスペイン国家は公式にはレコンキスタの過程でそれまでのイスラム的な文化を払拭(カトリック教会側から見れば浄化。)して建てられたカトリック教国であるが、現実にはスペインをスペインたらしめる数多くの文化がイスラムにその多くを負っているということである。 スペインを訪れるイスラム教徒たちは、このアルハンブラを他の誰にも増して特別な気持ちで見るという。 彼等にとってアルハンブラはイスラム=スペイン(アル=アンダルス)の象徴であり、イスラムの支配と信仰が砕かれてもなおスペインに残った輝かしい遺産なのである。


スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 スペイン

ケルン大聖堂:ドイツの世界遺産

ドイツ世界遺産ケルン大聖堂(独:Kolner Dom)は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市ケルン(Koln)にあるゴシック様式の大聖堂です。正式名称は、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂(Dom St. Peter und Maria)。ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、現在はカトリック教会の管理下にある。

ケルン大聖堂ケルンの町のシンボルになっています。ケルンドイツ最大のカーニバルを行なう観光地として人気があります。
1996年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。しかし、周辺の高層建築物計画による景観破壊の危機から、2004年には危機遺産に指定されました。その後、大聖堂の周囲に高さ規制を敷くなど市当局の懸命な努力により2006年解除されています。ドイツケルン市のシンボルであるケルン大聖堂は、1248年に建設が始まり完成したのは1880年のことです。

ケルン大聖堂の歴史を次に紹介します。現存の大聖堂は3代目で、初代が完成したのは4世紀のことであった。正方形の建物で、最も古い聖堂として知られていた。
2代目は818年に完成し、12世紀後半に東方三博士の聖遺物がおかれたことで多くの巡礼者を集め、ケルンの発展に貢献した。1248年の4月30日に火災により消失した。3代目は2代目が消失した年である1248年に建設がはじまった。しかし、16世紀に入って宗教革命を発端とする財政難から一度工事が途絶し、正面のファサードの塔がひとつしかない状態が続いた。建設が再開されるのは19世紀に入ってからだった。
ナポレオン戦争の影響によりドイツでナショナリズムが高揚する中、中世ドイツに自民族の伝統を探し求める動きが強まった。建築ではゴシック・リヴァイヴァルの潮流が強まり、建設途中であったケルン大聖堂に注目が集まったため、1842年に建設が再開され、もうひとつの塔の完成が急がれた。全てが完成したのは建設開始から600年以上が経過した1880年のことであり、高さが157mの大聖堂はアメリカのワシントン記念塔(高さ169m)が完成する1884年まで建築物としては世界一の高さを誇った。「皇帝の鐘」と称される鐘が南塔にとりつけられたが、第一次世界大戦の際に接収され、溶かされたのちに武器として用いられた。
大聖堂は第二次世界大戦時のケルン市に対する英米軍の空襲で14発の直撃弾を受けた。内部は激しく破壊されたものの全体は崩れなかったため、1956年まで復旧工事が行われ、元の状態に復元された。この際に周囲の廃墟から再利用した粗悪なレンガで復旧された部分が残っていたが、1990年代に入り空襲前の外観に戻す作業が始まっている。また、修復の一環として破損したステンドグラスの一部はゲルハルト・リヒターによって近代的なモザイク風の市松模様の物に置き換わったのだが、これについては未だに賛否両論がある。

ケルンの中央駅を降りると、目の前にケルン大聖堂がそびえたっています。垂直志向で積み上げられたツインタワーの高さは157m。石材のゴシック建築技術を駆使した複雑な構成の身廊(ドーム)は高さも46mに達し、訪れる人たちを圧倒します。カソリック教会の大聖堂らしく、何組もの美しい祭檀、数えきれない程の宗教美術品、装飾品が配置されており、大聖堂自体が世界的なキリスト教美術館として高い評価を受けています。13世紀後期ロマネスク様式の一連のステンドグラスは、旧約聖書、新約聖書の物語を題材にとったものです。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 ドイツ ケルン 大聖堂 世界遺産

ポンペイ遺跡:イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産ポンペイ遺跡は、古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡です。
1997年に世界遺産に登録されました。ポンペイ(ラテン語:Pompeii)は、1世紀までナポリ近郊にあった都市国家で、西暦79年8月24日、ナポリ湾を見下ろすヴェスヴィオ火山が大噴火によって、火砕流に流され、降り積もった火山灰に埋もれて壊滅してしまいました。
その後、18世紀に発掘が開始されると、古代都市の様子がまるで時が止まったかのように出現しました。大噴火によって、逃げ遅れた人々は、吹きつけた高熱のガスで窒息死し、神殿・劇場・浴場・商店・住居などとともに火山灰の中に埋もれてしまいました。遺体部分だけが腐ってなくなり、考古学者たちはここに石膏を流し込み、家の中で身を寄せ合う家族、母親が子供を覆い隠し、火山灰から子供だけでも守ろうとした様子、互いをかばい合うように抱き合う恋人などの死の瞬間の姿を再現し、ポンペイのマリーナ門近くの博物館に展示されています。石膏の人型は、一瞬にして平和な日々を奪われたポンペイ市民の悲劇を伝える世界遺産です。
町は、1世紀の古代ローマ人たちの生きた生活の様子をそのまま伝える。焼いたままのパンや、テーブルに並べられたままの当時の食事と食器、コイン、クリーニング屋のような職業、貿易会社の存在、壁の落書きは、当時のラテン語をそのまま伝える。保存状態のよいフレスコ画は、当時の文化をそのまま伝える。ポンペイは確かに当時とても活気のある都市だった。
町の守護者は美と恋愛の神ウェヌスであった。娼婦の館などが発掘され、ここで男女の交わりを描いた壁画が多く出土したことから、現代ではポンペイは快楽の都市とも呼ばれる。ただし主な産業はワイン醸造だったらしい。この土地は火山噴火まではぶどうの産地であった。港湾都市でもあり、商業も盛んであったことは、ワインを運ぶための壺が多数出土されていることからも裏付けられる(現在はポンペイ周辺で水位が極度に下がっているが、当時は港もあり海洋都市でもあった)。碁盤の目状に通りがあり、大きな通りは石により舗装されていた。市の中心には広場もあり、かなり計画的に設計された都市であることも分かっている。また、当時は性的におおらかな時代であり、ポンペイのような商業都市には商人向けの娼婦館のような施設は多かったという主張もある。
ポンペイ遺跡の主なものは、広場をかこんでたつアポロン神殿やウェヌス神殿、剣闘士をたたかわせた円形劇場、大小の劇場などの公共施設などで、アレクサンドロス大王をえがいた床モザイク画や壁画・彫刻などの出土品のほとんどは現在、ナポリの国立考古美術館に移管されています。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 イタリア ポンペイ

パエストゥム遺跡のアテナ神殿:イタリアの世界遺産

イタリアにも数多くの世界遺産があります。そのなかで、イタリアの有名なアテナ神殿を中心とする世界遺産をご紹介します。

平坦な草原に広がる古代都市跡がイタリア世界遺産・パエストゥム遺跡です。パエストゥム (Paestum) は、イタリア南部カンパーニア州サレルノ県カパッチョ=ペストゥムにある古代ギリシア遺跡。 1998年には、ユネスコ世界遺産に登録されました。
パエストゥムは、紀元前六世紀前半から五世紀半ばにかけてギリシャ植民によって造られた街です。パエストゥム遺跡にはドーリア式ギリシャ神殿、「ヘラの神殿」、「アテネ(アテナ)の神殿」、「ポセイドンの神殿」の三つの神殿がほぼ完璧な形で残っていて、古代ギリシア時代の繁栄と栄華を忍ばせます。
ゼウスの妻ヘラを祀る神殿が一番古く、紀元前550年頃に建設されたと推測されています。アテネの神殿が前500年頃、最も新しいとされるポセイドンの神殿でも前450年頃に建てられたものです。
アテネは芸術学問の女神で、ギリシャの首都アテネの守護神です。イタリア世界遺産アテネ神殿は、かつてはケレス(セレス)神殿だと考えられていましたが、この神殿の周囲で発掘された多くは鎧忍や盾などで武装した女神像でした。古代ギリシャでは、アテナ女神は知恵・学芸・芸術のほかに戦争の女神として、ケレス女神は豊作・豊穣の女神として司られていたことから、この神殿はアテネ神殿と断定されました。
1997年にイタリア世界遺産(文化遺産)に認定されています。イタリアの世界遺産アテネ神殿などの保存状態はすばらしく、修復工事を経ているとはいえ、2500年ほども昔の古代ギリシア時代の建築物が、今もしっかり存在している姿は、見る者を圧倒し、古代人の英知と偉大な創造力を感じさせてくれます。このアテナ神殿は紀元前 500年頃に建てられました、アルカイック期から古典期への過渡期の建物です。2500年前の当時、この神殿は赤や青の塗料、金メッキされたブロンズなど華やかに彩られていたそうです。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 イタリア 世界遺産 アテナ神殿

ヨセミテ国立公園:アメリカの世界遺産

アメリカには数多くの世界遺産が登録されていますが、その中のひとつ、アメリカヨセミテ国立公園(Yosemite National Park) をごしょうかいします。

ヨセミテ国立公園は、アメリカ合衆国カリフォルニア州中央部マリポサ郡及びツールム郡にある広さ3,081平方キロメートルの自然保護を目的とした国立公園で、西海岸を貫くシェラネバダ山脈のもっとも高い部分をハイシェラと呼び、ヨセミテはそのハイシェラの北側に位置しています。ヨセミテは、先住民の言葉でグリズリーベアを意味する「ヨセムミティ」が変化したものという説が一般的だが、詳細は不明である。


1890年、国立公園に指定され、1984年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。世界遺産とは世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものです。
ヨセミテ国立公園は、年間約400万人もの観光客を集めるアメリカでもっとも人気が高い国立公園のひとつとつです。しかし、殆んどの人の訪問先は公園全体の1パーセントにも満たないヨセミテ渓谷(18平方キロメートル)に集中しています。
ヨセミテ国立公園内での見どころは無数の滝と、氷河がつくりあげた花崗岩の造形美、中でもヨセミテ滝とハーフドームがあまりにも有名でヨセミテ国立公園のシンボルともなっています。約100万年前に、氷河が高山の草原帯を覆い、谷に沿って流れ下り始めました。氷河の流れによって作られたヨセミテヴァレーと呼ばれるU字谷の美しい景色が、いつも旅行者を魅了しています。
また、標高が671mから400mにまで及び、次の5つの主な植生帯からなっている。シャパラル/オーク森林帯(chaparral/oak woodland)、低地・低山植生帯(lower montane)、高地・低山植生帯(upper montane)、亜高山帯(subalpine)、および高山帯(alpine)の植生帯です。カリフォルニアには7,000種の植物が生えているが、そのうちの50パーセントがシエラネバダ山脈にあり、20パーセント以上がヨセミテ公園内に見られる。160種以上の貴重な植物の生息地域があり、その形成にはヨセミテの他に類を見ない地質学的な生い立ちと、特異な土壌が寄与している。また、ブラックベアや、アライグマなどの哺乳類が約100種類、鳥類が200種類以上生息している。またセコイアの大木でも有名です。アメリカの世界遺産、ヨセミテ国立公園に行ってみたいものですね。

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 アメリカ ヨセミテ国立公園

JTBの海外旅行

初めての海外旅行で何よりも安心して旅行を楽しみたいと考えている方多いと思います。その場合には、海外パッケージツアー(パックツアー)なら、海外旅行自由化以来40年の実績がある、日本最大手の旅行代理店、JTBのルックJTBがおすすめです。40年の実績と経験があるJTBの海外旅行は、他社にくらべて信頼感がありとても安心です。

「気軽に安心して海外旅行を楽しみたい」という方には、ルックJTBのパッケージツアーが最適です。ルックJTBの海外旅行の特徴を挙げると、ツアーの種類がとにかく豊富です。ルックJTBでは5万種類ものツアーを用意しされています。それらのツアーの中には「オーロラツアー」「世界遺産」といった、旅行者のニーズ・目的に特化したツアーも多数用意されています。人気のロングセラー商品を多く抱えています。
また、JTBには経験豊かな添乗員が多く、また、世界29ヶ国、74もの海外拠点がありますので、どこに旅行に行っても安心です。JTBならではの海外の観光資源や航空会社・ホテルとの豊富なコネクションがあります。行き先や目的だけでなく、ツアーの性格や対象者などによって様々な商品があり、自分にぴったりの旅を探すことができます。
例えば、「ひとり旅」。何かと不安なこと・心配なことが多い海外のひとり旅ですが、ルックJTBを利用すれば、一人を安心して楽しみながら、快適な「ひとり旅」を経験することができます。
また、JTBには、ツアー企画から旅行主催、販売までを一元化した、通販専用の旅行プラン「JTB旅物語」があります。JTB旅物語の特徴としては、ある程度、まとまった人数で行く旅行に最適で便利です。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 格安

グランドキャニオン国立公園;アメリカの世界遺産

アメリカにおける壮大な景観な世界会遺産を紹介します。

グランドキャニオン (:Grand Canyon) はアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある峡谷で、コロラド高原がコロラド川の侵食作用によって削り出された壮大な景観であり、地球の歴史が刻まれています。
1919年2月26日に国立公園に指定され、1979年には世界遺産に登録されました。世界遺産として申し分のない壮大な景観です。
世界遺産(せかいいさん)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指します(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)。

グランドキャニオン渓谷はノースリム(北壁)とサウスリム(南壁)に分かれています。グランドキャニオン渓谷の最大幅は30キロメートル、深さ1600メートルに達するところもあります。本当に想像のできないような大きなスケールの自然です。グランドキャニオンは、大地の隆起、川の侵食作用、寒暖の差や風雨がもたらす風化作用など、大自然の働きによって、花崗岩や砂岩、石灰岩などさまざまな地層があらわになった断崖や残丘が複雑に重なり合う姿は、まさに大自然の芸術そのものです。渓谷に点在する展望台から雄大な景観を目の当たりにすることができます。
また、空からの遊覧飛行で、さらにそのスケールの大きさを実感することができます。グランドキャニオン遊覧飛行ツアーは、感謝祭(11月第4週木曜日)、クリスマス、大晦日を除く毎日行なわれていて、所要時間は約4時間。料金は大人$174/子供$149が、一例として現在の相場の参考にして下さい。

【DVD】世界自然遺産 「北アメリカ」/教養

価格:3,990円(税込)
1週間以内
MusicDoor
【商品詳細】

発売日:2005/10/28地形や地質、生態系、景観など普遍的な価値を有する世界自然遺産の映像を、デジタルハイビジョンで撮影したシリーズ。「グランドキャニオン」「ヨセミテ国立公園」等を収録した北アメリカ編。

詳しくはこちら

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 アメリカ

HIS(エイチアイエス)の海外旅行

格安で安心な海外旅行を計画されているようでしたら、次の旅行会社を利用されたらどうでしょうか。
その旅行会社とはHIS(エイチアイエス)です。このHIS(エイチアイエス)は、格安航空券の販売でトップのシェアを誇る旅行会社として広く知られています。格安航空券だったら、HISというくらい、格安航空券の代名詞的存在として有名です。
HISの特徴は旅行費用が安い事と法人向けのサービスも充実していることです。慰安旅行や社員旅行または、海外出張などで利用するビジネスマン向けの格安航空券の紹介や予約など、様々なサービスを行なっています。ビジネスマンにとっては、たいへん助かるサービスを提供しています。
また、個人向けのHISの海外旅行には、格安パッケージツアー・初めての海外旅行も安心の添乗員同行型ツアー・ビジネスクラスツアーなど豊富なプランが用意されています。この他、例えば東京発なら、早めの予約(出発60日前まで)による割引サービスや、学生限定コース、家族旅行や一人旅に特化したさまざまなツアーなどがあります。これらのツアーから自分に合った旅行プランを選んで、海外旅行に行くことも楽しいです。
HISの海外ツアーを利用する際は、自分で商品を選ぶだけでなく、担当者に自分の条件を伝えてみると、あなたにとって最適なサービスを紹介してもらえることもあります。海外ツアーを選ぶことに悩んでいるようでしたら、相談してみるとよいでしょう。
HISのバリアフリートラベルデスクは体が不自由な方などのための必要な手配にだけ予算をかるオーダーメイドの旅行を提案しています。バリアフリートラベルデスクの特徴は、行きたい時に、行きたい場所へ,365日、いつでも出発可能です。利用するお客に合わせた必要とするアレンジの手配をします。専任のスタッフが出発までお手伝いします。旅先でも安心の現地サポートをうけられることができます。海外旅行に対して不安を持っている方でも本当に、安心して海外旅行ができます。

テーマ : 格安旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 格安

格安海外旅行のポイント

海外旅行は、昔ほど多額の旅行代金を必要としなくなってきていますが、まだまだ高いものです。したがって、少しでも安く海外旅行を楽しむポイントをここでは紹介していきます。
格安海外旅行のポイントは、最大の出費である航空券を安く買うことにあります。購入手段はJTBなど大手旅行代理店、HISやマップなど航空券・ツアー代理店、インターネット代理店など、色々な方法があります。
航空券には大きく分けて普通運賃チケット、PEX航空券、格安航空券の3種類があります。PEXは航空会社の正規割引航空券で、各航空会社独特のネーミングをしていて、JALであれば、「JAL悟空」、ANAであれば、「GET」などと名づけられています。
格安航空券はツアー造成用と個人旅行者向けに設定されています。
格安航空券は、安いことがメリットですが、その分制限が厳しく、料金は、利用する便(午前便や午後便)、曜日、帰国日、帰路の変更可・不可などによって大きく変わってきます。
買う前のチェック事項は格安航空券は正規の航空券ではないので、不明点を残さないで購入することが大切です。フライトスケジュールが決まっていない「格安航空券」は買わないことです。フライトスケジュールに無理はないか?確認します。その他、料金の比較は勿論、キャンセル料の発生時期やその額も確認しましょう。その旅行会社の得意地域や得意航空会社の調査して購入しましょう。もちろん、TAXの額の確認も怠らないようにしましょう。

次のポイントはホテルの予約です。海外のホテルは、うまく探せば安くて良いホテルを見つけることができます。ポイントは海外資本のホテル代理店を利用することです。

格安海外旅行のもう一つのポイントは、パッケージツアーの利用です。パッケージツアーには、添乗員同行型と自由旅行型(添乗員なし)があります。格安ツアーを探すチェックポイントは、ホテルの位置・ホテルの価格・飛行機の路線(妙に時間のかかる路線の場合あり)です。

これらのポイントをうまく使って格安の海外旅行を楽しみましょう。

テーマ : 格安旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 格安 海外旅行

フランス旅行の見所と楽しみ

フランス海外旅行の見所・楽しみをいくつか紹介します。

ヴェルサイユ宮殿は、フランス絶対王政時代を象徴する壮麗な宮殿です。1682年、フランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿です。ベルサイユ宮殿とも表記されます。 パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにあります。ヴェルサイユ宮殿の主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営されました。ヴェルサイユ宮殿は、バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。この宮殿の造営には、当代一流の建築家や美術家が集められ、莫大な費用と50年という長い歳月を要しました。太陽王ルイ14世の権力の象徴でもあります。もちろん、ヴェルサイユ宮殿は、世界遺産に登録されています。

世界的に演劇フェスティバルで有名なアヴィニョンはフランス海外旅行の見所の一つです。サン・ベネゼ橋は「アヴィニヨンの橋の上で踊ろうよ」という歌で有名な半壊したままの橋です。1947年ジャン・ヴィラールによって始められた国際演劇祭は、この町の知名度を、一気に高めました。 毎年7月10日から8月5日まで開催され、12万人もの観客が訪れます。

ロワール渓谷は、 フランスの中でも有数の美しい古城の点在する地域です。有名な城をを数日かけてめぐるツアーにも参加したいものです。 ロワール地方が最も華やかだったのは、15~16世紀末で、このころ、ジャンヌ・ダルクは英国軍に包囲されていたオルレアンを開放し、100年戦争を終結へと導きました。オルレアンでジャンヌ・ダルクの家を訪ねのもいいでしょう。ロワールは、 グルメ地方としても知られ、おいしい郷土料理とワインはフランス海外旅行の楽しみの一つです。

また、フランスは、もちろんワインでたいへん有名です。フランスの有名なワイン地方をめぐるワイナリーツアーもフランス海外旅行の楽しみの一つです。知名度の高い歴史あるワイナリーでワインを試飲し、気に入ったワインはその場で購入もできます。フランスならではのグルメなツアーと言えるでしょう。

テーマ : フランス - ジャンル : 旅行

タグ : フランス 海外旅行

イタリア旅行の見所と楽しみ

イタリア海外旅行の見所と楽しみについて紹介します。
イタリア北西部のリヴィエラ海岸線観光スポット、チンクエテッレは、ぜひ足を運びたい見所の一つです。チンクエテッレは、リヴィエラ海岸の切り立った断崖の入り江や、丘の上の段々畑の美しい牧歌的な姿の隠れ里でした。今では道路が整備され、ポルト・ヴェーネレの港から船も運航され、人気の観光スポットになっています。チンクエテッレは、イタリア語で「5つの土地」と言う意味で、モンテロッソ・アル・マーレ、ヴェルナッツァ (Vernazza)、コルニリア (Corniglia)、リオマッジョーレ (Riomaggiore)、マナローラ (Manarola)の5つの村からできています。また、 チンクエテッレは、ポルトヴェーネレや小島群などと共にユネスコの世界遺産にも登録されています。フィレンツェからは日帰り観光コースもあります。

ローマの代表的な観光スポットである古代ローマの円形闘技場跡コロッセオもイタリア旅行の見所の一つです。かつては5万人を収容したといわれ、中では人や猛獣が死闘を繰り返し、古代ローマの人々を熱狂させていました。

多くの文化遺産に囲まれたイタリアのローマの北西僅か40kmの場所には、紀元前の文明の地、エトルリアがあります。エトルリアは、ローマ帝国以前に12の都市国家を創った、未だ謎の多い民族です。エトルリアは紀元前6世紀頃から、生者の町と死者の町に分けられていました。

ベネチィアンガラスで有名なベニスの見所は聖マルコを祭ったサンマルコ寺院、サンマルコ広場、ドゥカーレ宮殿などです。ゴンドラに揺られながら、古きよき時代の街並みを観光しましょう。 食事は魚介類が豊富です。値段はちょっと張りますが、スカンピ(手長えび)は絶品です。

また、数多くのワイナリーがあるイタリアでは、どこに行っても、試飲のできるワイナリーが見つかります。 ワイン・テイスティングでワイン三昧の1日もイタリア海外旅行の楽しみの一つです。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タイの人気スポットと穴場

初めて海外旅行に行かれるのにお勧めの国のひとつにタイがあります。
「微笑みの国」と称されるタイは、美しい海に面したビーチリゾートなど、さまざま人気スポットがあります。
社会基盤も整備され、治安も比較的よいので、安心して旅行ができる国でもあります。

タイの人気観光スポットといえば首都バンコクやアユタヤ、チェンマイ、プーケットなどがあります。
1782年、チャクリ王(ラマ1世) によって都と定められたタイの首都バンコクは、チャオプラヤ川によって二分され、王宮や寺院、繁華街は東側に位置します。ワット・ポー(涅槃寺)、ワット・アルン(暁の寺)、ワット・プラケオ(エメラルド寺院)などの美しい寺院があります。また、名物の水上バスもあり便利です。目抜きのスクンビット通りのカフェでお茶をしたり、サイアム・スクエア周辺で雑貨を買い求めたり、シーロム通りの川沿いのレストランでディナーを楽しむのはいかがでしょう。
古都アユタヤは王宮跡やバンパイン宮殿(アユタヤ王朝時代の離宮)や王室寺院ワット・プラ・シー・サンペット、ビルマ軍の侵攻によって廃墟と化したワット・プラ・マハタートなど、数々の遺跡群が残り、1991年にはユネスコの世界遺産に登録されています。
ランナータイ王朝の都として栄えたチェンマイは、王朝時代の隆盛を伝える数多くの寺院が、城壁に囲まれた旧市街に点在し、郊外には豊かな自然が広がり、北方のバラとたとえられています。
タイ北部の山岳地帯には、首長族として知られるパドゥン族など、多くの少数民族が住み、それぞれが独自の文化や言語、 信仰を守り続けています。
プーケットは「アンダマン海の真珠」と称えられ、世界でも有数の高級リゾートホテルが立ち並ぶ、タイ随一のリゾートの島です。

タイ海外旅行の穴場の一つは、にわかに注目を集めているタイの秘島です。チャン島はプーケットに次いでタイで2番目に大きく、大小52の島々からなるコ・チャン国立公園の中心的存在です。宿はお手軽なバンガローから豪華リゾートまで揃っています。

テーマ : タイ - ジャンル : 旅行

タグ : タイ 海外旅行

アメリカの人気スポットと穴場

海外旅行に始めて行く人の中でも人気が高い国のひとつがアメリカです。
そのアメリカの人気スポットや穴場を紹介します。

アメリカ海外旅行の人気スポットといえば、温暖な気候と、青い空、青い海のカリフォルニアが最も人気があり訪れる日本人も多いです。カリフォルニアは気候が一年中安定しているので、どの時期に訪れても過ごしやすい日本人好みの超人気スポットです。そんな人気スポット、カリフォルニアのなかでも特に人気の高いのがロサンゼルス、サンフランシスコ、そしてサンディエゴです。
アメリカ海外旅行の人気スポット、ロサンゼルス市は、全米でもニューヨークに次ぐ大都市です。ロサンゼルス市の人口は約386万人で、もともとアジア系の移民が多く、日本人にもなじみやすい都市です。1年を通してさわやかな気候で過ごしやすく、開放的な町です。
サンフランシスコは、大人の雰囲気を持つオシャレな町です。サンフランシスコの街中を縦横無尽に走るケーブルカーを利用すると、どこへでも簡単に移動できてとても便利です。サンフランシスコのダウンタウンからフィッシャーマンズ・ワーフまで往復するケーブルカーのローケーションは写真や映画にも登場するほど有名です。フィッシャーマンズワーフをはじめ、金門橋ゴールデンゲートブリッジ、元刑務所の島アルカトラズなど多くの名所があります。
サンディエゴはメキシコ国境に近いエキゾチックな街です。かつてのスペイン統治の影響を受け、さまざまな文化が混合して独特なエキゾチックな楽園の雰囲気が漂っていまる町です。

アメリカ海外旅行の穴場としては、観光客の少ない海辺のリゾート地でゆったりとした時間を楽しみたい、という方におすすめなのが、アメリカ西海岸にあるラグナビーチです。ロサンゼルスから近い割に、それほど有名ではなく、家族水入らずのひと時を過ごすのに最適の隠れた穴場リゾートです。

テーマ : アメリカ西海岸 - ジャンル : 旅行

タグ : アメリカ 海外旅行

海外旅行保険には必ず加入しましょう

海外旅行保険は、海外旅行に行くならば必ず加入することをお勧めします。
その重要な海外旅行保険について説明いたします。
遠く離れた異国の地へ出かけると不安な要素も多く、海外旅行先では日本での常識が通用しないことがあります。
日本ではまず考えられませんが、飛行機に積んだはずのスーツケースが出てこなかったり、思いもよらないことで違反金を請求されたりなど、思っても見ないトラブルに見舞われるケースもあります。また、突然の病気やケガなどは誰にでも起こりうることです。
国によっては救急車を呼んだだけで大金がかかったり、虫垂炎の手術で数十万、数百万の費用がかかったという話しもあります。
万が一のこのようなトラブルが発生した場合に備えて海外旅行へ行く際には必ず海外旅行保険をかけましょう。

海外旅行保険の加入タイプを大きく分けると、旅行中に発生すると予想されるアクシデントやトラブルに対しての補償が組み合わされている「セット型」保険と、旅行者のニーズに合わせ、各種保険の中から予算に合わせて補償内容を選択できる通常「バラ掛け型」と呼ばれるものなどがあります。
行き先や旅行期間、ニーズに合わせてお得で、補償内容が充実したサポートサービスを選部と安心です。また、外国語がしゃべれない方は出国先でも日本語で対応が可能な会社を選ぶと安心です。
海外旅行保険を使うことになることとしては、傷害(死亡)・傷害(死亡特別) ・傷害(後遺障害)・傷害(治療費用)・疾病治療費用・救援者費用 ・治療・救援費用・疾病死亡・賠償責任・携行品損害・入院一時金・航空機寄託手荷物・航空機遅延など考えられます。海外旅行保険に加入するだけでなく、出国先の状況を把握して、かかる可能性のある病などあれば予防接種を受けるなどの予防していくことも必要です。
繰り替えしますが、海外旅行に行くときには海外旅行保険には必ず加入しましょう。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

海外旅行準備リストの作為性

海外旅行に行くときにはリストを作成すると便利です。
海外旅行準備リストについて説明します。

海外を旅行するときに準備するべき持ち物・あると便利な荷物・必需品をリストアップしてみました。
・パスポート(唯一の身分証明書)
・ビザ(国によって免除されることもあります)
・イエローカード(特定の国に行くなら必需品)
・米ドルキャッシュ( 緊急用に)
・トラベラーズチェック(再発行可能だから安心です)
・クレジットカード (1枚あれば安心・便利)
・海外旅行傷害保険(必ず加入しましょう)
・緊急連絡先リスト(あらゆる災難を想定して)
・旅行パック(軽くて丈夫なものを用意)
・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん)
・時計・目覚まし時計(時間の確認のために)
・ガイドブック・世界地図(現地を効率よく回るための情報です)
・英和辞書(語学堪能でない人には必需品)
・ペンとメモ(ちょっとした覚え書きに)
・ 南京錠&ダイヤル錠(防犯に)
・ アーミーナイフ (あると以外に便利)
・ ゴム(隠れた必需品。日本製がいちばん)
・ くつ下・下着・Tシャツ(各3-4枚くらい)
・ ズボン・スカート(1-2枚)
・ ウインドブレーカー(1枚あると便利)・フリース(1枚あると便利)
・ くつ(履きなれたものを)
・ 眼鏡・コンタクトレンズ(目がわるい人は必需品。予備も)
・ トイレットペーパー (1ロール)
・タオル(2枚くらい)
・ 歯ブラシと歯みがき(生活必需品。現地調達可)
・ せっけん(生活必需品。現地調達可)・シャンプー&リンス(生活必需品。現地調達可)
・ 洗たく洗剤&ロープ(手洗いを前提に)
・ シェーバー・かみそり
・クスリ(必需品 痛み止めや胃腸薬など常備薬)。
などがリストアップされます。これらのものは、必ず必要なものとあれば便利なものです。行き先や滞在日数などのよって変化しますが、これらを参考にして持ち物を準備されると良いでしょう。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

初めての海外旅行に準備するもの

海外旅行に何度も行ったことがある人にとっては当然なことですが、初めて海外旅行に行く人は何を準備しなくてはならないのかわかりません。

ここでは、初めての海外旅行で準備すべ物について説明します。
まずなんといってもパスポートです。パスポートがなければ海外へは行くことができません。
次に航空券(e-チケット)。これがなければ飛行機に乗れません。
クレジットカード は個人旅行の場合、必ず必要です。
意外と忘れがちですが、日本円。帰国後の移動費などのためにも必要です。
海外旅行中に何が起きるか分かりません。海外旅行傷害保険には必ず加入しましょう。
この他、スーツケース・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん) ・痛み止めや胃腸薬など常備薬 ・衣類・寝巻き・下着・上着・カーディガン・ジャケット(夏でも1枚は長袖を持って行きましょう。)・ガイドブック・印刷資料(現地を効率よく回るための情報です)・携帯電話(今では携帯を海外で使うことができます。) ・折り畳み傘 雨具・近眼の方はメガネも必需品です。・帽子なども準備しましょう。
それから、国際運転免許書 (レンタカー使用される場合は忘れずに準備しましょう。) ・ 国際学生証ISIC (学生証を提示すると安くなる場合が多々あります。)も準備しましょう。
だいたい、これらの物を準備すれば海外旅行に安心していけます。

あれば便利なグッズとして、機内安眠用グッズ (安眠グッズを持っていると楽です) ・いびき対策品 (周りへの配慮に不安な人は準備します。)などがあります。

必要のないグッズとしては、・ドライヤー(ホテルにはドライヤーがあります。) ・バスタオル(ホテル、B&Bにも用意してあります。。) ・日本食 (自炊する場合のお米もスーパーで売ってます。)

これらのものを準備しておけば、初めての海外旅行でも安心して、快適に楽しむことができるでしょう。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。