スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグアスの滝:ブラジルの世界遺産

世界遺産は、世界中に本当にたくさんあります。皆さんは、世界遺産とはどんなものであるか知っていますか。ここで簡単に世界遺産について説明します。
世界遺産(せかいいさん)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指します。

ここでは、南米のイグアスの滝について紹介します。
世界遺産「イグアスの滝」は、「自然遺産」の分類ですが、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンの三国の国境をまたぐ巨大な滝ということで、そのため同じ「イグアスの滝」でも申請の時期が異なり、アルゼンチン共和国は1984年、ブラジル連邦共和国が1986年となっています。
「イグアス」というのは先住民グアラニー族の言葉で「巨大な川」という意味を持ち、地響きのような迫力ある音から「悪魔ののど笛」とも呼ばれています。「イグアスの滝」は1つの滝ではなく、イグアス川の大小300もある滝の総称なのです。最大落差80メートル、滝幅4kmでブラジル・アルゼンチンをまたいでいます。
どちらかでも滝を見ることができます。北米の「ナイアガラの滝」、アフリカの「ヴィクトリア滝」と並ぶ世界三大瀑布の1つです。アメリカのルーズベルト大統領が夫妻で訪れた時、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうな私のナイアガラよ」と言った話は有名です。
地元の人々に語り継がれる「滝にかかる虹」の伝説では、シャーマンが「世にも不思議なことを起こす」という神のお告げを聞いた後、月の光が作り出す神秘的な虹が滝にかかったと言います。
水量が増すのは8月から12月です。水量が多いほうが、滝の迫力が増しますし、虹を多く見られるこのシーズンが観光のベストシーズンといってよいでしょう。
このように、イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンにまたがった壮大な自然遺産です。機会があれば、滝にかかる虹を見てみたいものです。

スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 ブラジル

マチュ・ピチュの歴史保護区:ペルーの世界遺産

南米・ペルーにも、多数の世界遺産があります。それらの世界遺産の中でもマチュビチュ遺跡は、多くの人に知られています。マチュビチュ遺跡の名前を知らない人でも、教科書などで一度は写真を見たことがあるのではないでしょうか。ここでは、そのマチュビチュ遺跡について紹介します。
南米・ペルー世界遺産「マチュビチュ(Machu Picchu)遺跡」は、よく保存されたインカの遺跡です。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。

南米・ペルーの「マチュピチュ」遺跡は、1983年に「複合遺産」として登録されました。現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定されました。南米にある世界遺産では、もっとも有名な遺跡です。
「マチュピチュ」とは、現地語で「老いた峰」を意味する名で、謎の多い「空中都市」として知られています。「マチュピチュ」遺跡は、ペルーのウルバンバ谷に沿う、標高2,280mの高い山の尾根の頂上に位置し、山裾からはその存在を全く確認できません。1911年にアメリカ人歴史学者「ハイラム・ビンガム」によって発見されました。
この遺跡には3mづつ上がる段々畑が40段あり、全部で3,000段の階段でつながっています。また、石の建物の総数は約200戸が数えられます。この遺跡は、インカの人々がスペイン人から逃れるため、作戦を練るための秘密都市だったという説もありますが、未だ解明はされていません。謎の多い「空中都市」ですが、居住区や神殿、宮殿など、16世紀半ばのインカの人々の高度な文明が栄えていた証であることに違いありません。
インカ文明は文字を持たなかったためにあまり解明されていない部分が多くとてもミステリアスな文明のひとつです。しかし、とても高度な文明を持ちたいへん興味深いものではないでしょうか。ペルーのマチュビチュ遺跡はインカ文明の歴史的に貴重な遺跡です。ペルーは日本からはとても遠い国ですが、機会があったら訪れて、このマチュビチュ遺跡も訪れてみたいものです。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 ペルー

秦始皇帝陵及び兵馬俑坑:中国の世界遺産

中国には、多数の世界遺産があります。皆さんは、中国の兵馬俑を聞いたことがあると思います。この兵馬俑も、世界遺産に登録されています。ここでは、その兵馬俑について紹介していきます。
中国世界遺産「兵馬俑」は、古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち、、秦の始皇帝の陵墓の周辺に埋納された兵士及び馬をかたどったもです。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。

中国の「兵馬俑(へいばよう)」は、秦の始皇帝陵の一部として1987年に「文化遺産」として登録されました。「兵馬俑」は、1974年、始皇帝陵から東へ1.5Kmほどの地点で地元農民が井戸を掘ろうとして偶然見つけたのがきっかけでした。この発見によって地下に2000年も眠っていた、「兵馬俑」が日の目を浴びることとなりました。兵馬俑坑は、この陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万m2余におよぶ、きわめて大きなもので、3つの俑坑には戦車が100余台、陶馬が600体、武士俑は成人男性の等身大で8000体ちかくあります。。
その人馬像の精巧さは、始皇帝の偉大さを知ることができます。
「銅車馬坑」や「兵馬俑(埴輪)坑」など、これまでに5万点余りの出土品が発見されました。また、兵士の顔はどれ1つとして同じ顔をしたものはないことや、かつての秦の敵国のあった東方を向いて置かれて編成されていました。最も広い1号墓には戦車なども発掘され、統帥部と考えられている、2号墓、3号墓があり、整然と並ぶ数千体もの人馬の群れは世を驚愕させ、見る側を圧倒させる迫力があります。兵馬のみならず宮殿の実物大のレプリカや、文官や芸人等の傭も発掘されています。このことは、生前の始皇帝の生活そのものを来世に持って行こうとしたものであったことを暗示しているようです。
この兵馬俑の発見は特に、中国史の研究上、当時の衣服や武器・馬具等の様相や構成、また、始皇帝の思想などを知る上できわめて貴重なものである。兵馬俑坑は、現在発掘調査がなされ公開されている箇所だけでなく、その周囲にも広大な未発掘箇所をともなうが、発掘と同時に武士俑の表面に塗られた色彩が消える可能性があることなどの理由から、調査がなされていない。

史記の記述では、始皇帝の遺体安置場所近くに「水銀の川や海が作られた」との記述がある。この記述は長い間、誇張された伝説と考えられていたが、1981年に行われた調査によるとこの周囲から水銀の蒸発が確認され、真実である可能性が高くなった。

このように、兵馬俑は、中国の歴史を知る上でもとても貴重な文化財です。また、その圧倒的な人馬の群れを見ることで当時の秦の始皇帝の強大な力を感じることができるのではないでしょうか。ぜひ機会があれば訪れたいものです。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 中国

万里の長城:中国の世界遺産

中国には、歴史が古いために歴史的な世界遺産が数多くあります。それらの中国世界遺産の中でも誰でも知っている万里長城についてここでは紹介します。
中国世界遺産・万里の長城は、宇宙からも見えるといわれる巨大な世界遺産です。現存する主要な部分だけでも 約3,000km。総延長距離12,000kmにも及びます。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
中華人民共和国の世界遺産「万里の長城」遺跡は、1987年「文化遺産」として認定されました。河北省、北京市、山西省、陝西省、内モンゴル自治区、寧夏回族自治区、甘粛省まで至る城壁です。
一般に城壁は、秦の始皇帝が造ったと知られていますが、世界遺産で知られる「万里の長城」は、明代(1368年~1644年)に作られたと言われています。始皇帝は中華を統一した後に中国の中にある長城は取り壊し、北に作られた長城を繋げて大長城としたのである。この時の長城は土製であり、馬や人が乗り越えられなければ良いということで、それほど高い城壁ではなかったという。また現在の物よりかなり北に位置し、その東端は朝鮮半島に及んでいました。
その後、中国人の王朝の明がモンゴル人の王朝である元を北方の草原へ追放し、明は長城を強化し、現在の形になりました。「万里の長城」は「農耕民族と遊牧民族の境界線」と言われていますが、紀元前7世紀の建築開始から、明代後期の紀元1600年ごろまで、およそ2000年かけてほぼ現在の形になりました。
長城建築の歴史は、戦争を繰り返してきた中国の王朝史を象徴するものであり、明代の建築技術の高さを伝える「文化遺産」です。
北京近郊には万里の長城のほかに、「北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群(北京故宮など)」「天壇:北京の皇帝の廟壇」「頤和園:北京の皇帝の庭園」「周口店の北京原人遺跡」「明・清朝の皇帝陵墓群(明の十三陵など)」世界遺産があります。
このように、中国には、歴史がとりわけ古いたまに万里の長城以外にも多くの世界遺産が登録されています。これらの世界遺産も、あとで紹介していきたいと思います。

『中国ハイビジョンアーカイブス 中国の世界遺産(DVD)』

価格:3,990円(税込)
1週間以内
コロムビアファミリークラブ
【商品詳細】

収録内容【本編】■自然遺産編(黄山、九寨溝、武陵源)■仏教遺産編(雲崗石窟、龍門石窟、大足石刻、ラサ)■皇帝の遺産編(万里の長城、頤和園、天壇、故宮)■蘇州古典園林編(滄浪亭、運河めぐり、獅子林、留園)【特典】■LIFE&Architectures(鳳凰古城、初渓土楼群、麗江の町、蓬莱水城、ギャロン人の踊り、ヤオ族の暮らし、サニ族の祭り、モンゴル族のナーダムと馬頭琴)♪音楽:「春江花月夜」「憶故人」「関山月」「故蘇風光」他特長■全編ハイビジョン撮影・ハイビジョンマスター■二胡・揚琴・馬頭琴など伝統楽器で、古典の名曲を収録■切替可能なナレーション&BGMで選べる鑑賞スタイル■「マップインデックス」で一発検索再生さらに・・・●ディスクインと同時にエンドレス再生●ON/OFF選択が嬉しい「字幕機能」●すべての映像を連続再生! 好評の「プレイオール」&「エンドレス」●便利な「チャプターメニュー」●洗練されたユーザービリティ◎カラー約68分/ドルビーデジタル2chステレオ[1.ナレーション 2.BGM]/日本語字幕/LB スクイーズ◎映像・写真提供:中国大紀行製作委員会 ◎制作:エバーグリーン・デジタル・コンテンツ◎音楽:シュウミン ◎製作・発売:シンフォレスト

詳しくはこちら

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 中国

アンコールワットの遺跡:カンボジアの世界遺産

アジアのカンボジアにも世界遺産があります。それは、アンコールワットの遺跡です。ここでは、カンボジア世界遺産、アンコールワットについて紹介していきます。
カンボジア世界遺産・アンコールワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、カンボジアの北西部、トンレサップ湖の北にあったアンコール王朝時代の遺跡群を代表する寺院建築です。
大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
カンボジアの「アンコール・ワット」と「遺跡群」は、1992年の「文化遺産」に登録されました。アンコール遺跡群は現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡です。
この地には、9世紀頃から数々の王建設が開始された。この遺跡に特に大きく関わったとされるのはスーリヤヴァルマン2世(1113-45年)とジャヤーヴァルマン7世(1181-1201年)と言われる。スーリヤヴァルマン2世は特にアンコール・ワットの建設を行い、その死後30年ほど後に王に就いたとされるジャヤーヴァルマン7世はアンコール・トムの大部分を築いたとされます。
しかし、ジャヤーヴァルマン7世が崩御した後のアンコールはアユタヤ朝の進入を度々受けその存在を侵され始め、その後ポニャー・ヤット王にはついにアンコールを放棄するに至った。
このように、アンコールは12~13世紀にカンボジア王朝の象徴として、スーリヤヴァルマン2世によって建てられました。ヒンドゥー教最大の寺院であり、栄えたアンコール王朝の都城でもあります。
アンコール・ワットとは「大きな寺」という意味で、環濠を含む大きさは東西約 1,500m、南北約 1,300mもあります。「アンコールワット」は、インドの影響を強く受け、ヒンドゥー教と仏教の融合文化の「クメール文化」を表すレリーフが廊下や壁にほどこされており、回廊は「陸と山」、周囲の堀は「海」を表しています。
また、アンコール遺跡群の「アンコール・トム」の巨大な5つの城門も歴史的価値が高く、世界一長大な浅浮彫や、巨大な彫刻「バイヨンの微笑み」は特に有名です。802年に創設され、1113年に完成した世界最大の宗教建築「アンコール」ですが、戦争に翻弄され続けた過酷な歴史を持っています。現在では平和を取り戻し、国際支援による保護・修復作業が今なお、続けられています。

【DVD】ディスカバリーチャンネル 密林の至宝:アンコールワット/ドキュメント

価格:3,570円(税込)
1週間以内
MusicDoor
【商品詳細】

発売日:2002/09/25カンボジア北部の密林にたたずむ世界一美しい寺院「アンコールワット」の魅力と歴史を紹介する映像商品。(放送時タイトル:「アジアのミステリー:ジャングルの宝石」)

詳しくはこちら

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 カンボジア

タージマハル:インドの世界遺産

インドにも数多くの世界遺産があります。その中でも皆さんによく知られているものとしてはタージマハルごたいへん有名です。ここでは、その世界遺産のタージマハルについて紹介していきます。
インド世界遺産・タージマハルは、世界でもっとも美しい霊廟とよばれるインド北部アーグラにある総大理石造の墓廟建築です。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
インドのタージマハルは、1983年に「文化遺産」に認定されました。ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628~1658)は王妃を溺愛しており、「ムムターズ・マハル」(宮廷の選ばれし者)と名づけました。王妃は14人の子どもを生みますが、やがて皇帝より早く「ムムターズ・マハル」が36歳の若さで死去しました。すると、皇帝はその死を深く悲しみ、記憶を永遠に留めるために墓廟を建てました。それがインドを代表する世界遺産「タージマハル」で、皇后の名から変化した(宮廷の冠)という意味を持ちます。
建築物は、1632年に着手され、22年の歳月をかけて造られました。全てが白大理石で、細かい彫刻が至る所に施されています。また、左右対称で均整がとれ、ムガル建築としての伝統を引き継ぎ高めた廟建築です。
敷地は17ヘクタールにで、その庭園の中央の池に白大理石の映る廟は、とても幻想的で美しく、当時の年代記に「その偉容と美しさは、天上の七つの楽園をも凌ぐ」と記されています。皇帝はヤムナー川の対岸に自らの霊廟を黒大理石で造り、タージ・マハルと橋でつなぐ計画であったと言います。しかし皇帝は三男によってアーグラ城に幽閉され、その夢は果たせませんでした。対岸には現在も整地された基底部が残っており、タージ・マハルの裏から渡し船で行く事ができる。
死後はムムターズ・マハルの隣に葬ることを、アウラングゼーブ帝に認められたため、現在タージ・マハルには、シャー・ジャハーン帝とムムターズ・マハルの棺が並べて安置されている。
このようにタージマハルは、インドの誇る世界遺産のひとつです。たいへん美しいインドーイスラム建築の代表的な建築物です。インドを訪れることがあるようでしたら、ぜひ、
訪れたい世界遺産のひとつです。

タージ・マハル(撮影地:アーグラー/インド)

価格:9,980円(税込)
1週間以内
あゆわら?風景を購入できるお店?
【商品詳細】

きれいな青ですね? (+_+)水路を中心にみごとに対称的なタージマハル。そして水路に映るタージマハル。すばらしい構図ですね (-.-)《キーワード》【ニューショップ送料無料祭0319】 【モバイル送料無料080317】【ピックSALE】【ピック送料無料】

詳しくはこちら

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 インド

クフ王のピラミッド:エジプトの世界遺産

世界遺産の中でも誰でも知っているエジプトのピラミッドについてここでは紹介します。
エジプト世界遺産・ギザの大ピラミッドとは、ピラミッド建築の頂点とされるクフ王のピラミッドで、世界の七不思議で唯一現存する建造物です。
クフ王のピラミッドは、三大ピラミッドの中で最大で、高さ146.6m(現在の高さ138.8m)もあります。また、1954年には、付近から長さが43m以上ある木製の「太陽の船(クフ王の船)(Khufu ship)」が分解された状態で発掘されました。
なお、最近選定された「新・世界七不思議」では、落選しています。
世界遺産とは、1972年のユネスコは総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
エジプトの「メンフィスとその墓地遺跡」から「ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」は、1979年に「文化遺産」 に登録されました。
世界4大文明のひとつ、ナイル川の恵を受けた豊饒のこの地は約3000年にわたる古代エジプトの繁栄を支え、紀元前3000~2500年前後、エジプト王国ファラオの確立で数多くのピラミッドが建造されました。一般にピラミッドは「王の墓」と言われていますが、その真相は実は定かではありません。
ギザの三大ピラミッドとは、「クフ王のピラミッド」、「カフラー王のピラミッド」、「メンカウラー王のピラミッド」のことを指し、特に完成度、保存状態が優れています。
中でも建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」は、建造目的や内部構造の点においても、世界の七不思議で唯一現存する建造物として慎重されています。また、王家の偉大さのシンボル、ギザの「守り神」として建造されてる「スフィンクス」は、ピラミッドより200年前から存在しています。
このように、ピラミッドは、古代ロマンをかきたてらる建造物です。一度は、実際に訪れてみたいもののひとつです。

 世界遺産 エジプト編

価格:3,179円(税込)
1週間以内
イーベストCD・DVD館
【商品詳細】

メーカー名(株)アニプレックス(SME)タイトル世界遺産 エジプト編アーティスト品名/規格番号DVDSVWB 1701 (00000480201)ディスク枚数1枚発売日02/11/20コメントTBS系で放映の『世界遺産』のエジプト編。ギザからダハシュールまでにある、さまざまなピラミッドの歴史と神秘を紹介する。ジェセル王の階段ピラミッド、クフ王のピラミッドほか。音楽:鳥山雄司 ナレーション:緒形直人収録内容:メンフィスとその墓地遺跡=ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯 I/II\[画]ワイド [字]日▼いっしょにおススメ商品▼SVWB-1701

詳しくはこちら



テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 エジプト

アルタミラ洞窟:スペインの世界遺産

アルタミラ洞窟は、スペイン北部、カンタブリア州の州都サンタンデルから西へ30kmほどのサンティリャナ・デル・マールという人口約4.000人の小さな町の高台にある洞窟で、スペイン世界遺産二登録されています。アルタミラ洞窟壁画は、先史ヨーロッパ時代の区分で主にマドレーヌ期(約18,000年~10,000年前)と呼ばれる旧石器時代末期に描かれた野牛、馬、トナカイ、イノシシ、などの動物を中心とする壁画です。アルタミラ洞窟は1985年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
アルタミラ洞窟は、洞窟の長さは約270mほあり、少なくとも930の壁画がのこるといわれています。これらの壁画は旧石器時代末期のクロマニョン人によって描かれた人類最初の芸術作品とも言われています。
壁画は、ソリュートレ期に属する約18,500年前頃のものと、マドレーヌ期前期頃の約16,500年前~14,000年前頃のものが含まれています。とくに、入り口から30mほどの所にある「大広間」とよばれる部屋の天井に描かれた絵は圧倒的な迫力をもつものです。
世界遺産アルタミラ洞窟壁画は、約13,000年前に落石によって洞窟の入り口が閉ざされたことにより、幸運にも壁画が封印され、1868年、とある猟師が偶然に見つけだし、現代によみがえったのです。
しかし、観光ブームによって世界遺産アルタミラ洞窟の中の絵は、痛みがひどくなっているので、現在は公開されていません。そのかわりに同じ敷地内に洞窟丸ごとのレプリカを作り、アルタミラ博物館として2001年にオープンしました。
スペインを訪れたときには、ぜひ訪れてみたいものです。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 スペイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。