スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセミテ国立公園:アメリカの世界遺産

アメリカには数多くの世界遺産が登録されていますが、その中のひとつ、アメリカヨセミテ国立公園(Yosemite National Park) をごしょうかいします。

ヨセミテ国立公園は、アメリカ合衆国カリフォルニア州中央部マリポサ郡及びツールム郡にある広さ3,081平方キロメートルの自然保護を目的とした国立公園で、西海岸を貫くシェラネバダ山脈のもっとも高い部分をハイシェラと呼び、ヨセミテはそのハイシェラの北側に位置しています。ヨセミテは、先住民の言葉でグリズリーベアを意味する「ヨセムミティ」が変化したものという説が一般的だが、詳細は不明である。


1890年、国立公園に指定され、1984年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。世界遺産とは世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものです。
ヨセミテ国立公園は、年間約400万人もの観光客を集めるアメリカでもっとも人気が高い国立公園のひとつとつです。しかし、殆んどの人の訪問先は公園全体の1パーセントにも満たないヨセミテ渓谷(18平方キロメートル)に集中しています。
ヨセミテ国立公園内での見どころは無数の滝と、氷河がつくりあげた花崗岩の造形美、中でもヨセミテ滝とハーフドームがあまりにも有名でヨセミテ国立公園のシンボルともなっています。約100万年前に、氷河が高山の草原帯を覆い、谷に沿って流れ下り始めました。氷河の流れによって作られたヨセミテヴァレーと呼ばれるU字谷の美しい景色が、いつも旅行者を魅了しています。
また、標高が671mから400mにまで及び、次の5つの主な植生帯からなっている。シャパラル/オーク森林帯(chaparral/oak woodland)、低地・低山植生帯(lower montane)、高地・低山植生帯(upper montane)、亜高山帯(subalpine)、および高山帯(alpine)の植生帯です。カリフォルニアには7,000種の植物が生えているが、そのうちの50パーセントがシエラネバダ山脈にあり、20パーセント以上がヨセミテ公園内に見られる。160種以上の貴重な植物の生息地域があり、その形成にはヨセミテの他に類を見ない地質学的な生い立ちと、特異な土壌が寄与している。また、ブラックベアや、アライグマなどの哺乳類が約100種類、鳥類が200種類以上生息している。またセコイアの大木でも有名です。アメリカの世界遺産、ヨセミテ国立公園に行ってみたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 アメリカ ヨセミテ国立公園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。