スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンペイ遺跡:イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産ポンペイ遺跡は、古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡です。
1997年に世界遺産に登録されました。ポンペイ(ラテン語:Pompeii)は、1世紀までナポリ近郊にあった都市国家で、西暦79年8月24日、ナポリ湾を見下ろすヴェスヴィオ火山が大噴火によって、火砕流に流され、降り積もった火山灰に埋もれて壊滅してしまいました。
その後、18世紀に発掘が開始されると、古代都市の様子がまるで時が止まったかのように出現しました。大噴火によって、逃げ遅れた人々は、吹きつけた高熱のガスで窒息死し、神殿・劇場・浴場・商店・住居などとともに火山灰の中に埋もれてしまいました。遺体部分だけが腐ってなくなり、考古学者たちはここに石膏を流し込み、家の中で身を寄せ合う家族、母親が子供を覆い隠し、火山灰から子供だけでも守ろうとした様子、互いをかばい合うように抱き合う恋人などの死の瞬間の姿を再現し、ポンペイのマリーナ門近くの博物館に展示されています。石膏の人型は、一瞬にして平和な日々を奪われたポンペイ市民の悲劇を伝える世界遺産です。
町は、1世紀の古代ローマ人たちの生きた生活の様子をそのまま伝える。焼いたままのパンや、テーブルに並べられたままの当時の食事と食器、コイン、クリーニング屋のような職業、貿易会社の存在、壁の落書きは、当時のラテン語をそのまま伝える。保存状態のよいフレスコ画は、当時の文化をそのまま伝える。ポンペイは確かに当時とても活気のある都市だった。
町の守護者は美と恋愛の神ウェヌスであった。娼婦の館などが発掘され、ここで男女の交わりを描いた壁画が多く出土したことから、現代ではポンペイは快楽の都市とも呼ばれる。ただし主な産業はワイン醸造だったらしい。この土地は火山噴火まではぶどうの産地であった。港湾都市でもあり、商業も盛んであったことは、ワインを運ぶための壺が多数出土されていることからも裏付けられる(現在はポンペイ周辺で水位が極度に下がっているが、当時は港もあり海洋都市でもあった)。碁盤の目状に通りがあり、大きな通りは石により舗装されていた。市の中心には広場もあり、かなり計画的に設計された都市であることも分かっている。また、当時は性的におおらかな時代であり、ポンペイのような商業都市には商人向けの娼婦館のような施設は多かったという主張もある。
ポンペイ遺跡の主なものは、広場をかこんでたつアポロン神殿やウェヌス神殿、剣闘士をたたかわせた円形劇場、大小の劇場などの公共施設などで、アレクサンドロス大王をえがいた床モザイク画や壁画・彫刻などの出土品のほとんどは現在、ナポリの国立考古美術館に移管されています。
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 イタリア ポンペイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。