スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルン大聖堂:ドイツの世界遺産

ドイツ世界遺産ケルン大聖堂(独:Kolner Dom)は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市ケルン(Koln)にあるゴシック様式の大聖堂です。正式名称は、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂(Dom St. Peter und Maria)。ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、現在はカトリック教会の管理下にある。

ケルン大聖堂ケルンの町のシンボルになっています。ケルンドイツ最大のカーニバルを行なう観光地として人気があります。
1996年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。しかし、周辺の高層建築物計画による景観破壊の危機から、2004年には危機遺産に指定されました。その後、大聖堂の周囲に高さ規制を敷くなど市当局の懸命な努力により2006年解除されています。ドイツケルン市のシンボルであるケルン大聖堂は、1248年に建設が始まり完成したのは1880年のことです。

ケルン大聖堂の歴史を次に紹介します。現存の大聖堂は3代目で、初代が完成したのは4世紀のことであった。正方形の建物で、最も古い聖堂として知られていた。
2代目は818年に完成し、12世紀後半に東方三博士の聖遺物がおかれたことで多くの巡礼者を集め、ケルンの発展に貢献した。1248年の4月30日に火災により消失した。3代目は2代目が消失した年である1248年に建設がはじまった。しかし、16世紀に入って宗教革命を発端とする財政難から一度工事が途絶し、正面のファサードの塔がひとつしかない状態が続いた。建設が再開されるのは19世紀に入ってからだった。
ナポレオン戦争の影響によりドイツでナショナリズムが高揚する中、中世ドイツに自民族の伝統を探し求める動きが強まった。建築ではゴシック・リヴァイヴァルの潮流が強まり、建設途中であったケルン大聖堂に注目が集まったため、1842年に建設が再開され、もうひとつの塔の完成が急がれた。全てが完成したのは建設開始から600年以上が経過した1880年のことであり、高さが157mの大聖堂はアメリカのワシントン記念塔(高さ169m)が完成する1884年まで建築物としては世界一の高さを誇った。「皇帝の鐘」と称される鐘が南塔にとりつけられたが、第一次世界大戦の際に接収され、溶かされたのちに武器として用いられた。
大聖堂は第二次世界大戦時のケルン市に対する英米軍の空襲で14発の直撃弾を受けた。内部は激しく破壊されたものの全体は崩れなかったため、1956年まで復旧工事が行われ、元の状態に復元された。この際に周囲の廃墟から再利用した粗悪なレンガで復旧された部分が残っていたが、1990年代に入り空襲前の外観に戻す作業が始まっている。また、修復の一環として破損したステンドグラスの一部はゲルハルト・リヒターによって近代的なモザイク風の市松模様の物に置き換わったのだが、これについては未だに賛否両論がある。

ケルンの中央駅を降りると、目の前にケルン大聖堂がそびえたっています。垂直志向で積み上げられたツインタワーの高さは157m。石材のゴシック建築技術を駆使した複雑な構成の身廊(ドーム)は高さも46mに達し、訪れる人たちを圧倒します。カソリック教会の大聖堂らしく、何組もの美しい祭檀、数えきれない程の宗教美術品、装飾品が配置されており、大聖堂自体が世界的なキリスト教美術館として高い評価を受けています。13世紀後期ロマネスク様式の一連のステンドグラスは、旧約聖書、新約聖書の物語を題材にとったものです。
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 ドイツ ケルン 大聖堂 世界遺産

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。