スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポートの更新手続き

パスポートをすでにお持ちの方に対して説明します。
パスポート更新手続きについて説明します。
現在お持ちのパスポートの有効期間が残り少なくなると、事前に手続きすることによって、パスポート更新が簡単にできます。
パイポートをすでにお持ちの方は、パスポートの残りの有効期間が1年未満になると更新手続きが可能です。指定の必要書類を用意して申請窓口に提出します。(パスポート更新は、正式には切替発給といいます。)
日本国内で行なう、手続きについて説明します。
①まず、指定された必要書類を用意します。1.一般旅券発給申請書 1通 2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通(ただし、パスポートの記載事項に変更があるときや、 サインを漢字で登録したいときは必要です。)3.住民票の写し 1通 4.身分証明書 1通(パスポートの有効期間が切れていても、6カ月以内であれば、そのパスポートがあればよく、他の身分証明書は不要。)5.写真 1枚 6.官製ハガキ 1枚 7.印鑑8.所有しているパスポート 
②必要書類が用意できたら次に、前回パスポートを取得したときから、住所が変わっていない方は前回パスポートを申請した窓口へ、書類を提出します。前回パスポートを取得したときから、住所が変わった方は住民登録をしている都道府県の申請窓口へ、書類を提出します。
更新された新しいパスポートができると、ハガキで連絡がありますので、窓口に出向いてパスポートを受け取ります。
パスポートの更新手続きと受け取りの窓口に関しては、先にパスポートの申請と取得方法の中で説明されていますので、ここでは省略します。このように、意外と簡単にパスポートの更新手続きはできます。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 パスポート 更新

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。