スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルハンブラ宮殿:スペインの世界遺産

アルハンブラ宮殿は、スペイン世界遺産を代表するスペイン・グラナダ市南東に連なる丘の上にそびえる壮麗な宮殿都市です。
アルハンブラ宮殿は、イベリア半島での最後のムスリム政権・ナスル朝時代に建設された壮麗な宮殿である世界遺産です。アンダルシア地方に位置するグラナダは、シエラネバダ山脈の麓にあり、800年もの間、栄華を誇ったイスラム教国の異国情緒あふれる文化が今も色濃く残る町です。アルハンブラとは、アラビア語の「アル・ハムラー(赤いもの)」から来る言葉で、「赤い城」という意味です。この名称の由来については、城塞周辺の土地の土壌が赤いため、あるいは建築に使われた煉瓦の色であるとか、宮殿が赤い漆喰で覆われていたからなど色々と言われている。スペイン語表記ではAlhambraと綴り、「アランブラ」と発音する。ただし、アンダルシア方言では「アルハンブラ」とも発音する。

スペイン世界遺産アルハンブラ宮殿には、王宮、カルロス5世宮殿、アルカサバ(城塞)、ヘネラリーフェ離宮などの見所がります。
1984年「グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区」が世界文化遺産に登録されました。
王宮は、宮殿北側に位置し、宮殿の質素な外観と比べて、王宮の内部は、「閉ざされた楽園」と呼ばれていたように、水と光と木々ときらびやかな装飾に満たされ、豪華そのものです。各部屋がパティオ(中庭)を取り囲んでいて、 「ライオンのパティオ」は宮殿の中で最も有名な中庭で、124本の大理石の細い列柱が立ちならぶ回廊に囲まれています。中庭には12頭のライオンが水盤を支えています。威厳も恐ろしさも感じられない、今はすっかり老いてしまった愛くるしいライオンです。 「ライオンのパティオ」は、王の寵愛を受けていた女性たちのハーレムでした。
アルハンブラ宮殿は現在スペイン屈指の世界遺産であり世界中からの観光客が訪れる名所となっているが、これが元はスペインに屈服させられたイスラム教徒の 宮殿であるということは象徴的な意味を持っている。 即ち、現在のスペイン国家は公式にはレコンキスタの過程でそれまでのイスラム的な文化を払拭(カトリック教会側から見れば浄化。)して建てられたカトリック教国であるが、現実にはスペインをスペインたらしめる数多くの文化がイスラムにその多くを負っているということである。 スペインを訪れるイスラム教徒たちは、このアルハンブラを他の誰にも増して特別な気持ちで見るという。 彼等にとってアルハンブラはイスラム=スペイン(アル=アンダルス)の象徴であり、イスラムの支配と信仰が砕かれてもなおスペインに残った輝かしい遺産なのである。


スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 スペイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。