スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワットの遺跡:カンボジアの世界遺産

アジアのカンボジアにも世界遺産があります。それは、アンコールワットの遺跡です。ここでは、カンボジア世界遺産、アンコールワットについて紹介していきます。
カンボジア世界遺産・アンコールワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、カンボジアの北西部、トンレサップ湖の北にあったアンコール王朝時代の遺跡群を代表する寺院建築です。
大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
カンボジアの「アンコール・ワット」と「遺跡群」は、1992年の「文化遺産」に登録されました。アンコール遺跡群は現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡です。
この地には、9世紀頃から数々の王建設が開始された。この遺跡に特に大きく関わったとされるのはスーリヤヴァルマン2世(1113-45年)とジャヤーヴァルマン7世(1181-1201年)と言われる。スーリヤヴァルマン2世は特にアンコール・ワットの建設を行い、その死後30年ほど後に王に就いたとされるジャヤーヴァルマン7世はアンコール・トムの大部分を築いたとされます。
しかし、ジャヤーヴァルマン7世が崩御した後のアンコールはアユタヤ朝の進入を度々受けその存在を侵され始め、その後ポニャー・ヤット王にはついにアンコールを放棄するに至った。
このように、アンコールは12~13世紀にカンボジア王朝の象徴として、スーリヤヴァルマン2世によって建てられました。ヒンドゥー教最大の寺院であり、栄えたアンコール王朝の都城でもあります。
アンコール・ワットとは「大きな寺」という意味で、環濠を含む大きさは東西約 1,500m、南北約 1,300mもあります。「アンコールワット」は、インドの影響を強く受け、ヒンドゥー教と仏教の融合文化の「クメール文化」を表すレリーフが廊下や壁にほどこされており、回廊は「陸と山」、周囲の堀は「海」を表しています。
また、アンコール遺跡群の「アンコール・トム」の巨大な5つの城門も歴史的価値が高く、世界一長大な浅浮彫や、巨大な彫刻「バイヨンの微笑み」は特に有名です。802年に創設され、1113年に完成した世界最大の宗教建築「アンコール」ですが、戦争に翻弄され続けた過酷な歴史を持っています。現在では平和を取り戻し、国際支援による保護・修復作業が今なお、続けられています。

【DVD】ディスカバリーチャンネル 密林の至宝:アンコールワット/ドキュメント

価格:3,570円(税込)
1週間以内
MusicDoor
【商品詳細】

発売日:2002/09/25カンボジア北部の密林にたたずむ世界一美しい寺院「アンコールワット」の魅力と歴史を紹介する映像商品。(放送時タイトル:「アジアのミステリー:ジャングルの宝石」)

詳しくはこちら

スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 カンボジア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。