スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチュ・ピチュの歴史保護区:ペルーの世界遺産

南米・ペルーにも、多数の世界遺産があります。それらの世界遺産の中でもマチュビチュ遺跡は、多くの人に知られています。マチュビチュ遺跡の名前を知らない人でも、教科書などで一度は写真を見たことがあるのではないでしょうか。ここでは、そのマチュビチュ遺跡について紹介します。
南米・ペルー世界遺産「マチュビチュ(Machu Picchu)遺跡」は、よく保存されたインカの遺跡です。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。

南米・ペルーの「マチュピチュ」遺跡は、1983年に「複合遺産」として登録されました。現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定されました。南米にある世界遺産では、もっとも有名な遺跡です。
「マチュピチュ」とは、現地語で「老いた峰」を意味する名で、謎の多い「空中都市」として知られています。「マチュピチュ」遺跡は、ペルーのウルバンバ谷に沿う、標高2,280mの高い山の尾根の頂上に位置し、山裾からはその存在を全く確認できません。1911年にアメリカ人歴史学者「ハイラム・ビンガム」によって発見されました。
この遺跡には3mづつ上がる段々畑が40段あり、全部で3,000段の階段でつながっています。また、石の建物の総数は約200戸が数えられます。この遺跡は、インカの人々がスペイン人から逃れるため、作戦を練るための秘密都市だったという説もありますが、未だ解明はされていません。謎の多い「空中都市」ですが、居住区や神殿、宮殿など、16世紀半ばのインカの人々の高度な文明が栄えていた証であることに違いありません。
インカ文明は文字を持たなかったためにあまり解明されていない部分が多くとてもミステリアスな文明のひとつです。しかし、とても高度な文明を持ちたいへん興味深いものではないでしょうか。ペルーのマチュビチュ遺跡はインカ文明の歴史的に貴重な遺跡です。ペルーは日本からはとても遠い国ですが、機会があったら訪れて、このマチュビチュ遺跡も訪れてみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 世界遺産 ペルー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。