スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際運転免許証の取得の仕方

海外に旅行に行って現地で自動車を運転する場合に必要なのが国際運転免許証です。
国際運転免許証の取得方法についてここで説明します。
日本の運転免許証は、基本的に日本国内でのみしか自動車を運転することができません。したがって、海外で自動車を運転するためには、国際免許証を取得する必要があります。
国際免許証は海外で通用する免許証のことです。これを取得することによって、海外で自動車等を運転することが出来又、レンタカーも借りることが出来ます。
国際免許証はパスポート同様強力なID(身分証明)になります。また、比較的簡単に取得することができますので、運転する予定の無い方も取得することをお勧めします。
国外運転免許証(国際免許証)の申請は、居住地の運転免許試験場又は警察署で行います。申請に必要な書類は、
1.外国運転免許証交付申請書申請(窓口にて入手) 
2.運転免許証 
3.写真1枚(縦5cm×横4cm)(※写真は無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)
4.パスポート等、渡航を証明するもの 
5.古い国外運転免許証を持っている方は、その国外運転免許証 
6.印鑑(認印可) 
7.申請料 2650円。
外国運転免許証交付申請書記入後、申請料領収印紙2,700円分購入し申請表紙に張り付け、上記の書類と共に国際運転免許証交付申請窓口にて申請します。
国運転免許の有効期限は発給から1年間です。有効期限の切れた国際免許証は、最寄の警察署に返納してください。
運転免許試験場で申請する場合約40分から1時間で交付されます。
これで、海外で自動車を運転することができます。交通安全に気おつけて海外での自動車の運転を楽しんでください。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 海外旅行 国際免許証

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。